と・り・あ・え・ず

アクセスカウンタ

zoom RSS 自由心証主義の意義 (B+)

<<   作成日時 : 2006/02/04 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 自由心証主義とは、裁判における事実の認定を裁判官が審理に表れた全て資料・状況に基づいて自由な判断によって毛伊勢する心証に委ねる建前をいう(247条)。
 思うに、社会の複雑化に伴い、社会に生起するあらゆる事実を限られた証拠法則で認定することは到底不可能であることから、真実発見のためには裁判官が事実認定に用いることができる証拠方法・証拠法則を限定しないことが望ましい。このような点から自由心証主義が採用されたのである。
 そして、自由心証主義は、@裁判官が事実認定のために取り調べる証拠方法は制限されないこと(証拠方法の無制限)と、A証拠調べの結果得られた内容(証拠資料)が事実認定に役立つ程度について、裁判官の自由な判断に任せられること(証拠力の事由評価)とを内容とする。
 また、裁判官の心証形成の基礎資料としては、証拠調べの結果のみならず、弁論の全趣旨をも含む(247条)。

※一行問題対策として準備が必要。例外もしっかりあ上げられるように。248条との関係も押さえておこう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自由心証主義の意義 (B+) と・り・あ・え・ず/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる